クリーニングの工程

Process

装束や法衣は着用する回数も多く、その分汚れも多いものですが
繊細かつ複雑な形の法衣は簡単に洗えるものではありません。
クリーニングを知りつくした当店では、さらに新しい技術を取り入れ、
通常のクリーニング店ではできない高級装束や法衣を風合いを損なうことなく
汗・汚れを取り去り、最高レベルの技術で正確・端正に仕上げます。

工程1

前点検

お預かりしたら直ぐに、汚れ度合い、シミ、破れ、ほつれ等の点検をし、状況によっては確認の連絡をさせていただく場合があります。

工程2

前処理

汚れ、シミの種類、衣装の素材、状態(劣化など)等の見極め、最も適した方法で前処理(衿、袖口、裾など汚れの強い部分)して汚れを落とします。

工程3

洗い(清流洗い)

衣装の素材、生地の状態(劣化など)、汚れ度合いに適した石鹸で『清流洗い』でクリーニングします。

工程4

濯ぎ

石鹸や汚れが残留すると黄ばみ等の原因になりますので、中和剤で中和して入念に濯ぎを繰り返します。

工程5

自然乾燥(つり干し)

従来のドラム式の乾燥機で温度を上げての撹拌乾燥は、生地の劣化、風合い変化(光沢遺失、縮み等)、糸引き、付属品の落下、破損の原因に。当社ではすべて温室40℃くらいの乾燥室で自然乾燥(つり干し)で衣装に負担をかけることなく時間をかけて乾燥します。

工程6

最終チェック(シミ抜き処理)

シミ、汚れ残りをチェックし残っている部分はシミ抜き機でシミ抜きマイスターが処理します。